トレンド記事のキーワード選定とタイトル、見出しの作成方法

トレンド記事のキーワード選定とタイトル、見出しの作成方法

トレンドアフィリエイトにおいて、記事で扱う内容は非常に重要で、ニーズ(需要)のない記事をいくら量産しても、目標となる月10万円にはたどり着くことができません。

月10万円にたどり着くためには、月10万円稼げるような方法で実践しないと意味がないことは既におわかりいただいていると思います。

目的に対してストレートに実現する為の行動をしてゆきましょう。

これは、物事を成功させるために必要な原理原則であり、私があなたにお伝えするビジネスマインドの基本でもあります。

では、月10万円を軽々突破し、稼ぎ続ける事ができる記事のキーワードやタイトル作成というのはどのように行うのか?

わかりやすく解説してゆきたいと思います。

目次

この講義で学ぶこと

  • トレンド記事のキーワード選定方法
  • タイトル作成の行い方
  • 見出し作成の行い方

トレンド記事のキーワード選定とタイトル・見出し作成方法の解説動画

トレンド記事において、キーワードの選定とタイトル・見出しの作成方法についてをわかりやすく解説した動画を作成しました。

本記事とあわせて確認すれば理解が一層深まります。

goodkeyword ラッコキーワードへのリンクはこちら

※goodkeywordはラッコキーワードへと名称が変更になりました!

【あわせて読みたい】

[blogcard url=”https://yu-kilifedesign.com/10navifree/trendaffiliate-howto-theme/”] [blogcard url=”https://yu-kilifedesign.com/10navifree/trendpost-usefull-site/”]

いつも応援ありがとうございます。

この記事がお役に立てる内容であれば、ぜひワンクリックお願いします!




ネットビジネスランキング






トレンド記事の題材選定の行い方

トレンドアフィリエイトにおいて、記事の内容は「トレンドに沿った記事」になります。

今世の中で流行っている、「多くの人が知りたいと思っていること」を記事にすることで、爆発的なアクセスを集めることができます。

あなたの生活の中に溢れる情報から、そしてWEB情報のからフィルタリングをして、トレンドになっている人や事柄を抽出してください。

ここで抽出した「」や「事柄」が「メインキーワード」となります。

【あわせて読みたい】

[blogcard url=”https://yu-kilifedesign.com/10navifree/trendaffiliate-howto-theme/”] [blogcard url=”https://yu-kilifedesign.com/10navifree/trendpost-usefull-site/”]

キーワード選定の行い方

トレンドアフィリエイトにおいて、「記事タイトル」や「見出し」で使用する「キーワード」は非常に重要です。

キーワード」とは、読者が何かを知りたいと感じそれを調べるために検索ボックスに入力したいくつかの言葉であり、また記事が何について書かれているのかを表している言葉、だと言うことも出来ます。

キーワードの詳しい概念はこちらに記載していますので、ぜひあわせて受講してください。

キーワードには2面性がある!記事製作者視点でのキーワードとは?

キーワードの考え方

まず最重要となるのは「キーワード」は、いくつかの言葉の集まって構成されている、ということです。

2語の組み合わせ、3語の組み合わせ、4語の組み合わせくらいまで存在しますが、トレンドブログで使用するのは3語〜4語と考えておいてください。

基本は3語で以下の形になります。

キーワード「=メインキーワード✕サブキーワード✕サブキーワード」 です。

場合によっては4語で1セットになる場合もあります。

これらキーワードを用いて、タイトルや見出しを作ってゆきます。

メインキーワード

例えば、「小栗旬」を題材として「髪型」について記事を書くとします。

そうすると、この時点でメインキーワードは「小栗旬」と考えることができます。

なぜなら、小栗旬のことについての記事になるわけですから。。。メインは小栗旬ですよね。

そして、サブキーワードの1つが「髪型」となります。

髪型といっても様々ありますので、「ショート」や「ロング」、「パーマ」といったものもサブキーワード候補となります。

しかし、サブキーワード候補として上がってきたものすべてを、タイトルや見出し等で表現できるわけではありません。

キーワードは基本3語で構成するからです。

なので、3語のキーワードを作るために「小栗旬 髪型 〇〇〇」の「〇〇○」部分に何を当てはめるかを決めねばなりません。

ここで、「ショート」というサブキーワードを選択すれば「小栗旬 髪型 ショート」という3語のキーワードが完成します。

今回、例としてキーワードは「小栗旬 髪型 ショート」を使いましたが、「小栗旬 髪型 ミドル」、「小栗旬 髪型 ロング」、「小栗旬 髪型 画像」とか「小栗旬 髪型 かっこいい」なんていう内容になることも想定されます。

どれが正解というわけでもないですが、そのキーワードで検索数量が多いとより良い結果に結びつきます。

検索回数が多ければ、GoogleやYahooの検索結果画面にあなたの記事が表示される回数は増えます。(それが1ページ目だったり、さらに上位だったりするとかなりのアクセスが見込めます)

検索数量が多いと言うことは、必然的にあなたのブログの記事に読者がやってくる絶対数量も増えますよね。

つまり、検索需要が大きい記事であれば、より大きなPVに結びつくという考え方です。

サブキーワードの探し方は
YahooやGoogleを活用したキーワード選定方法 やでより詳しく解説しています。

季節の行事や事柄については、その記事の話題となる前提の「事柄名」をメインキーワードとして設定し、そのメインキーワードについてどういった話題の記事なのかを表すのが「サブキーワード」の役割となります。

これらもすべて3語のキーワードですべて考えてゆきます。

キーワードは「検索するユーザーがどういう言葉で検索をするだろうか?」を考え、検索する側が使いそうな言葉でキーワードを設定してゆくのがベストです。

ストレートに行ってしまうと、「トレンドに沿った記事を書く」というのは「トレンド性のあるメインキーワードとサブキーワードの組み合わせである『キーワード』」でタイトルを作り記事を構成するということになります。

サブキーワード選定の考え方について

記事の題材(メインキーワード)と何を書くのかが決まれば、キーワードを構成するサブキーワードを選定してゆくことになります。

サブキーワード選定における考え方は大きく2種類あります。

  • 既にに多く検索されている言葉をサブキーワードとして捉える
  • これから検索されるであろう言葉をサブキーワードとして捉える

それぞれ、選定の考え方について具体的に説明します。

既に多く検索されている言葉をサブキーワードとして捉える

既に多くの人が検索している言葉は、これからも検索される可能性が高いです。

もちろん、過去に一時的に検索ボリュームが上昇したキーワードも含まれているため、今後も検索される可能性があるのかどうかを見極めながらキーワード選定を行わねばなりません

実際に、メインキーワードについてどういったサブキーワードで過去に検索されているのかを調べるには、ツールを使います

goodkeyword ラッコキーワードへのリンクはこちら
※goodkeywordはラッコキーワードへと名称が変更になりました!

このツールにメインキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックすると、メインキーワードと一緒に検索されているサブキーワードが一覧表示されます。

これらのサブキーワードの中から、記事の内容に沿った言葉を「サブキーワード」として選定してゆくのが非常に簡単です。

冒頭にもお伝えしていますが、過去に一時的に検索ボリュームが増加した「サブキーワード」も存在しているので、明らかに今後の検索が見込めなさそうな「サブキーワード」は、除外して考えるようにしましょう。

これから検索されるであろう言葉をサブキーワードとして捉える

サブキーワード選定方法のもう一つは、過去には検索されていないけど(もしくは検索ボリュームは少ないけど)、今後検索ボリュームが増加するであろう言葉(サブキーワード)を盛り込む、という方法です。

少し慣れが必要かもしれませんが、例えば「石田ゆり子」について記事にするとします。

そうすると、メインキーワードは「石田ゆり子」になります。

石田ゆり子はまだ結婚していませんが、例えば熱愛情報が出たタイミングで「結婚」や「結婚式」、「妊娠」や「出産」・・といった話題が今後出てくる可能性が高い・・ということに気づけます。

この場合、逆張りだと結婚せずにずっと独身でいる場合になりますね。

そうだとすると「石田ゆり子 結婚しない 理由」みたいなキーワードで記事を作ると後々大爆発するかもしれません。

このように、未来に起こる可能性のある状態を推測したキーワードでタイトルを作成し記事を書いておくと、そういった話題が出たときには爆発的なアクセスを産む事が出来るわけです。

このようにして、記事を作る時にはまず「3語のキーワード」を選定します。

キーワードをベースにした記事タイトルの作成方法

では、選定している「キーワード」を使って、記事タイトルを作ってゆきましょう。

タイトル作成時のポイントは・・・

1.キーワードの3語はなるべくタイトルの左側で使用する
2.読者の疑問を深堀りする内容にする
3.無闇矢鱈にサブキーワードを並べたタイトルにしない
4.日本語として意味がわかる内容にする
5.文字数は3234~43文字程度

Googleはタイトルの左側にある言葉を、より強くその記事全体を表すキーワードとして理解します。

その為、記事として重要なキーワードはタイトルの左側で使います

また、たまに「〇〇○の身長体重は?出身大学は?彼氏はいるの?」みたいに何がいいたいのかよくわからない、記事って見たことありませんか?

そういう記事でも1位になれてしまっている、という点で真似しがちではありますが、これは非常によくないタイトルの例です。

その理由は明確で、〇〇〇というメインキーワードに対して何を伝えようとしている記事なのかわからないということです。

つまり、話題の範囲が広すぎるってことなんです。

例えば、「〇〇〇の身長体重」というスジで話題を展開するなら、高校生の時はどうだったのか?

大学になってからどうなったのか?

芸能界に入ってから視聴体重はどう変化したのか?

みたいな話だと、身長体重にフォーカスした記事として纏められますが、出身大学や彼氏がいるかどうかなんて、身長体重とは全く関係ない話ですよね・・・

つまり、話題に一貫性がほしいというか、一つの筋を守って記事にしてほしいのです。

その一つの筋があって、そこから派生する関連する話題やもともとの疑問が解決した時に次に現れる疑問などを、その記事の中に纏めておくと、読者にとってはとても価値の高い情報となるはずです。

32文字以内っていうのは、検索結果に表示される文字数の限界が32文字という理由からです。

32文字を超えたタイトルは、超えた部分が「….」で検索結果に表示されているのがわかります。

トレンド記事のキーワード選定とタイトル、見出しの付け方

「絶対そうしなければならない」というわけではありませんが、検索結果を見たユーザーがあなたが作った記事に来訪するためには、検索結果の記事タイトルをクリックする必要があります。

ユーザーにクリックしてもらうためには、記事タイトルを見て「見てみたい」と思ってもらわねばなりません

その為には、タイトルを尻切れにさせずに、「32文字でタイトルを完結すべき」という考え方からです。

そして、記事のタイトルは「メインキーワード」や「サブキーワード」を羅列したようなおかしなタイトルにすること無く、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルになるように表現してゆきましょう。

では、実際にタイトルを作ってみましょう。

先程の「小栗旬」をメインキーワードとして「小栗旬 髪型 ショート」をキーワードとして記事を作ってゆく場合のタイトルを例にします。

【私が例として作成したタイトル】

小栗旬髪型ショートロングどっちが似合うパーマやり方は?

キーワードの「小栗旬 髪型 ショート」が左側に寄ってますよね。

基本的に、Goodkeywordから抽出したキーワードと、それに関連して検索されるであろうキーワードを使って、タイトルに無駄なく盛り込みます。

タイトルの中にはだいたい7~9個程度のキーワードを含めた言葉が盛り込めるはずです。

サブキーワードだけを無理に詰め込んだ意味不明なタイトルにならないように注意が必要です。

ユーザーが見て自然な表現のタイトルに仕上げてゆきましょう。

キーワードを使った見出しの作成方法

「タイトル」が決まれば、次は見出しです。

「タイトル」は、その記事全体として何が書いてあるのかを示しているのに対し、見出し」はその章にどういった事が書かれているのかを表しています。

では、先程の小栗旬の髪型の記事を例にして見出しを作ってみましょう。

記事タイトル:小栗旬髪型ショートロングどっちが似合うパーマやり方は?

このタイトルに対して、見出しは以下のように作ることができます。

  1. 小栗旬髪型ショート似合う
  2. 小栗旬髪型ロング似合う
  3. ワタシ的小栗旬ロングが最高!
  4. 小栗旬パーマも最高にかっこいい!
  5. 小栗旬パーマやり方、オーダー方法は?

あくまでも一例ですので、同じサブキーワードだとしても様々なな切り口で様々な見出しを作ることが出来るはずです。

この時に、見出しで使用する言葉は、可能な限りメインキーワード、サブキーワードを用いて作ってゆくことを心がけましょう。

これはSEOにも通じてゆくことになり、メインキーワードとサブキーワードは、見出しはもちろん本文においても積極的に使用してゆくことが、あなたのブログのSEOパワーを向上することに繋がります。

両キーワードを積極的かつ能動的に使用し、SEOを強くすることを意識して記事を作ることで、1つの記事だけではSEOの効果は薄くとも、記事が増えていった時に大きなSEOの効果が期待できます。

見出しができれば、後は見出しに対して本文をライティングしてゆくことになります。

まとめ

最初はキーワードという概念に少し戸惑うかも知れませんが、数をこなしてくるとしっかりと理解もできてくるはずです。

  • キーワードは記事題材(テーマ)の中心となる「人」や「事柄名」がメインキーワードとなる。
  • キーワードは3語〜4語で構成する
  • タイトルはメインキーワード+サブキーワードで構成し7~9のキーワードを使用する
  • 見出しはキーワードを積極的に使用した見出しを作成する。

キーワードの考え方とタイトル作成は「トレンドアフィリエイト」においてかなりキモの部分なので、確実に理解が出来るまで動画講義も含め何度も繰り返して確認することをおすすめします。

そして、記事作成を実践し確実にあなたのスキルとして構築してゆきましょう。




【"miura"のプチプロフィール】

miuraの画像


2018年夏、長いサラリーマン生活から独立、起業。自由をゲットしました。

人生は一度きり行きたい時に行きたい場所に行き、やりたいことをやる。
時間と経済的な自由を得て、自分に嘘をつかないスマートライフを送っています。

好き:乗り物、しいたけ、モフモフ猫さん、レッサーパンダ

嫌い:パクチー、夢のない仕事、カロリー

サラリーマンとしていくら頑張っても、結局は人からの評価で物事が決まり、たった一度の人生であるにも関わらず「住むところも、稼ぐ額も、自由になる時間も自分自身が決める事が出来ない」、という不自由に嫌気がさしたのがインターネットビジネスを始めたきっかけ。

【実績】
2017年2月:副業としてネットビジネス開始
2017年8月:副業で月収70万円達成(ブログ)
2018年1月:自身で1記事も書かずに月収60万円達成(ブログ)
2018年7月:念願の独立(自分自身の働き方改革)


“正しく行動すれば目指す結果に到達出来、未来をあなたが望む自由な人生に変えてゆく事が出来る事“を発信しています。


⇒何その話?、ちょっと気になるって方はこちら





【今ならフルセット教材を無料プレゼント中!】

10万円ナビゲーション登録

え?どういう事?詳しく確認するにはここをクリック!




いつもありがとう、よかったらシェアしてね!
目次
閉じる